標識(タグ)のついた魚を見つけたらどうればいいの?

①標識(タグ)に書いてある情報を見る
  • 標識(タグ)に記載されている「連絡先(メールアドレス・電話番号 等)」にお問合せください
  • 標識(タグ)になにも書いてない(よく見えない)場合は②をご確認ください

②「標識放流調査一覧」から該当する魚種をさがす
  • 標識(タグ)に「組織名」や「連絡先」の記載がない場合は、「標識放流調査一覧」をご確認いただき対象の魚種がいるかご確認ください
  • ポスターや関連ページをご確認いただき、該当する問い合わせ先にご連絡ください

標識放流調査一覧

魚種     ポスター・資料関連ページ(問い合わせ先)                                  
マアジ水産資源研究所 浮魚資源部 
担当:黒田(長崎) 安田(横浜)

■住所
(横浜庁舎):神奈川県横浜市金沢区福浦2-12-4 
(長崎庁舎):長崎市多以良町1551‐8

■電話番号
(横浜庁舎):045‐788‐7615
(長崎庁舎):095‐860‐1600

■メール :お腹のタグにアドレスが載っています
クエ水産技術研究所 八重山庁舎
担当:奥山

■電話番号:0980-88-2571

■メール :okuyama_junichi73@fra.go.jp

■お知らせいただきたこと
・獲られた日
・獲った場所
・体長、体重
スジアラ水産技術研究所 八重山庁舎
担当:奥山

■電話番号:0980-88-2571(代表)

■メール :okuyama_junichi73@fra.go.jp

■お知らせいただきたこと
・獲られた日
・獲った場所
・体長、体重
クロマグロ   水産資源研究センター 広域性資源部 まぐろ第1グループ
(旧 国際水産資源研究所) 
担当:藤岡、福田、田中

■住所(横浜庁舎)
〒236-8648神奈川県横浜市金沢区福浦2-12-4 

■電話番号:045-788-7936

■お知らせいただきたこと
・捕獲年月日
・捕獲位置
・尾叉長
・体重
・漁法
・発見者の氏名、連絡先
スルメイカ水産資源研究所 浮魚資源部(新潟庁舎)
担当:宮原

■電話番号:025-228-0658 または 025-228-0536
(またはお近くの試験場まで)

■お知らせいただきたいこと
・タグ番号(アルファベット+数字)
・漁獲日
・漁獲位置
・漁法
・外套長
・漁獲者の連絡先

■放流場所・時期
・ 4月、6・7月 山陰~道北沖までの日本海
・11月 能登半島沖
・ 2月 富山湾内

■備考
報告頂いた方には記念品をお送りします。

標識放流調査とは

標識放流調査は、魚などの水産生物に標識(タグ)と呼ばれる目印つけて放流し、捕まえた方に情報提供をいただく調査方法です。標識放流調査で得られた情報は、水産生物の移動経路や成長過程、資源量などを調べるために役立ちます。

水産研究・教育機構では、協力機関とともに、様々な魚種・場所で標識放流調査を行っています。
当ページでは標識放流調査について、ご協力をお願いするとともに、標識(タグ)の付いた水産生物を見つけた場合の連絡先や、調査の概要等について説明することを目的としています。